コレで乗り切る!妊婦生活

妊娠期間中は、赤ちゃんに会える楽しみでドキドキワクワク…と毎日を過ごしたいところですが、つわりで気分や体調が優れなかったり、肌荒れや便秘など、だるかったりつらかったり、かゆかったりなど、妊娠の影響で起こる身体や肌のトラブルがあったりします。かといって妊娠中は、お腹の赤ちゃんへの影響を考慮して、自己判断で勝手に薬を飲んだりしてはいけません。つらい、痛い、かゆい、などを、どう乗り切っていくかのコツを説明していきましょう。

つわり

なんだかだるい、眠い、吐き気がする、えっ?これって妊娠?と妊娠の兆候や知るきっかけになったりもする「つわり」。ちょっとだるかったりムカムカするくらいで終わったという、つわりの軽い人もいれば、吐いて吐いて病院で点滴を受けたりの、つわりの重い人もいます。なんだか具合が悪いんだけど、これってツワリの症状なのかな?
ツワリで何も食べられないんだけど、どうしたらいいだろう…。
つわりの症状や、つわりはなぜ起こるのか、つわりについて説明しましょう・

つわり

つわりの乗り切り方

辛いつわり…。病気じゃないのはわかってるけれど、いつツワリは終わるのか、待ち望みながらの毎日は辛いですね。
つわりの症状は人それぞれですが、あなたに合った、つわりの乗り切り方で、つわりの期間を乗り切りましょう。
つわりの気持ち悪さを和らげる効果のある飲み物や、食べ物、つわりを和らげるツボのマッサージなどを紹介します。

つわりの乗り切り方

妊娠中の便秘

妊娠中は、ホルモンの影響や、お腹の重み、つわりで食事のバランスが崩れたりなどなどで、便秘になりやすくなります。
元々便秘がちな人なら、よりいっそうの注意が必要ですが、妊娠前に便秘になったことがないなんて人も、妊娠中や出産直後に便秘になったりすることも・・。
しかし、妊娠中は市販の便秘薬を自己判断で飲むことはできません。(効き過ぎて下痢をすると大変です)
便秘にならないように、便秘を酷くしないためにはどうしたらいいか、便秘の原因と対処方法についてを解説します。

妊娠中の便秘

妊娠中の痔

妊娠中は、痔にもなりやすくなります。
恥ずかしくて誰にも言えずに悩む方もいるかもしれませんが、本当に多くの妊婦さんや経産婦さんが経験しています。
痔になったらどうしたらよいか、痔を悪化させないためにはどうしたらよいか、妊娠中の痔について解説します。


妊娠中の痔

妊婦と尿もれ

尿もれも、起こりやすくなります。
これも恥ずかしいことに思うかもしれませんが、最近では薄型やおりもの用と兼用だったりする性能の良い尿もれパットもどんどん発売されていますし、妊娠中や年配の女性に、尿もれの症状があることが周囲にも理解されつつあります。
妊娠中の尿もれは、出産後に治るのが通常です。
尿もれを防いだり、妊娠中に尿もれとどう付き合うか、アドバイスします。

妊婦と尿もれ

妊娠とおりもの

おりものが多くなります。
妊娠中のおりものと、やおりもの用シートについて、かぶれを防ぐ方法など、妊娠期間中のおりものとの付き合い方や、妊婦検診で行われる、おりものの検査で何がわかるのかなどを解説します。

妊婦とおりもの

妊娠中の喫煙・禁煙

胎児や赤ちゃんにタバコが有害なのは百も承知。
でも今まで吸っていたタバコを、妊娠発覚で急に辞めるのは辛いというパパママもいることでしょう。
愛煙家ママも、出産が済めば禁煙解禁!は間違いです。
タバコが赤ちゃんに及ぼす害や、禁煙のコツを伝授します。

妊娠中の喫煙・禁煙

妊婦の腰痛

妊娠初期や、お腹が大きくなってくるにつれて腰が痛くて立っていたり、寝るときが辛いなんてことがあります。
病院や薬局で相談すると、湿布や塗り薬のインドメタシンは胎児に影響がある場合もあるのでダメと言われたりします。
だったらこの腰の痛み、どうしたらいいの!?
妊娠中になぜ腰痛になるのか、腰痛を防ぐためにはどうしたらよいのかを解説します。

妊婦の腰痛

妊娠中のニキビ・吹き出物

妊娠中に、ホルモンのバランスや便秘の影響などでニキビ(吹き出物)ができやすくなる人もいます。そのほか、肌荒れや妊婦湿疹などの肌トラブルについてや、妊娠中のニキビ・吹き出物対策を紹介します。

妊娠中のニキビ・吹き出物

妊婦の靴選び

妊娠中はペタンコ靴や3cm以内のヒールじゃなきゃダメってどうして?
「私はずっと高いヒールで生活してきたんだから、妊娠中もヒールの高い靴でも全然平気!」と言う人も、なぜ3cm以内のヒールがよいと言われるのか、妊娠中から出産後まで履ける靴選びをどうしたらよいか、アドバイスします。


妊婦の靴選び

ページの先頭へ