妊娠中の便秘

元々、便秘で悩んでいるという女性も多いと思いますが、妊娠中や分娩後に、ひどい便秘に悩まされる方が結構います。妊娠中は、効きすぎて下痢をした場合に子宮が収縮するのが怖いので、市販の便秘薬を安易に服用するわけにはいきません。元々便秘しやすい人も、妊娠中にひどい便秘にならないために、便秘に今まで縁が無かった方も妊娠中は今までと違って便秘になりやすいので、妊娠中の便秘と便秘を防ぐ方法について、知っておきましょう。

妊娠中は、なぜ便秘になりやすいの?

妊娠中は、黄体ホルモンの影響で腸の動きが鈍くなって便秘しやすくなります。妊娠初期は、ツワリで食事の量が減ったためにトイレのリズムも狂ってしまったり、嘔吐で水分が失われることで便秘になる場合もあります。妊娠中期以降になると、子宮が大きくなり腸を圧迫するため、さらに腸の動きが鈍くなるため、ますます便秘しやすくなってしまいます。また、鉄分不足による貧血で鉄剤を飲んでいる場合は、鉄剤の副作用で便秘になることもあります。
その他にも、お腹が大きくなると排便時に力を入れて踏ん張れない(産まれそうで怖い!)、妊娠中に便秘を繰り返すうちにになってしまい排便が辛い、などなどで便秘になってしまう妊婦さんが多いのです。

便秘とは・・

便秘とは、一般的に便の回数や量が減るうちに、便の水分が失われて硬くなることで、ますます便が出しにくくなる状態を言います。
「3日出てないから…」だけではなく、毎日出てはいるものの固くてコロコロの便が少ししか出ていなく、なんとなくスッキリしない、下腹が痛いなどという状態なら「便秘」と言えます。

みんなが悩む!?妊娠中のひどい便秘

多くの先輩ママが、妊娠中のひどい便秘を経験しています。
今まで便秘になんかなったこともないという人も妊娠中の便秘の便秘を経験する人が多いようです。TVや書籍などで妊娠出産体験を見ても、作家のさくらももこさんや、タレントの松本明子さんなど、何時間もトイレから出られなかったというような体験談が多いんですよ!

妊娠中は、便秘薬といえどもお腹の赤ちゃんへの影響を考えると薬の服用は避けたいもの。
食物繊維の多い食事と、水分の摂取、適度な運動などで、日頃の栄養と健康管理で、便秘を予防したり、改善していきましょう!

トイレに長く座ってはダメ!

便秘だから、何とか出そう、と本や新聞などを持ち込んでトイレに長く座っている行為は、妊娠中の身には良くありません。お腹の重みで、肛門が押し出され脱肛や痔になりやすいほか、子宮口にも力が入りやすくなり危険です。また、同じ姿勢で座り続けていることで、足がむくんだりつりやすくなります。こうなる前に、便秘で辛い場合は産婦人科で相談し便秘薬などを処方してもらいましょう。

ヨーグルトで便秘解消!

ヨーグルトに含まれているビフィズス菌や乳製品に含まれる乳糖には、善玉菌を増やし腸内環境を整える働きがあります。また、ヨーグルトなどの乳製品には、カルシウムも含まれていますので、妊婦には、さらにうれしい栄養プラスですね!

便秘におすすめのヨーグルト、ただプレーンヨーグルトに同封の砂糖を入れて食べるだけじゃなく、一工夫でさらに便秘に効くパワーアップヨーグルトにしちゃいましょう!

砂糖のかわりに『オリゴ糖』

ドラッグストアやスーパーの砂糖売り場に売られている『オリゴ糖』を、ヨーグルトの甘味に入れましょう。オリゴ糖はビフィズス菌のえさになり善玉菌を増やします。また、オリゴ糖は砂糖よりも低カロリーで、虫歯にもなりにくいと言われています。

『きなこ』をプラスで、食物繊維UP!

きなこには、便のかさを増やしたり便通を促す食物繊維が含まれています。
ヨーグルトにきなこを入れると香ばしい香り+味もまろやかになりますよ。さらに、甘味にオリゴ糖をプラスすると食べやすく、便秘への効果もUP!

スライスした『りんご』をプラス

りんごに含まれる水溶性食物繊維「りんごペクチン」には善玉菌を増やし、腸を整える働きがあります。りんご単体で食べるよりも、ヨーグルトにプラスするほうが、りんごペクチンの働きを高めることができます。

プルーン

「便秘解消にプルーン」ってよく聞きますね。
プルーンは食物繊維も豊富ですが、プルーンに含まれるソルビトールにスムーズな便通を促す効果があるのです。(なので食べ過ぎるとお腹を下してしまいます。プルーンは1日1〜3個くらいがいいでしょう。)
プルーンは生よりも乾燥のドライプルーンのほうが食物繊維やカルシウムの吸収をよくするビタミンDが増えてGood!
ドライプルーンを細かく刻んでヨーグルトに入れて食べましょう。
プルーンは、鉄分も多いので妊婦にはさらにおすすめの食べ物ですね。

このほかにも食物繊維のページで、便秘に効果的な食物繊維たっぷりレシピを紹介していますので、是非参考にしてみてください。→食物繊維

便秘は酷くなる前に、病院で相談しよう!

「ちょっと便が硬いな…」「昨日は出ていないな」くらいなら、上記のような食べ物や、運動(ウォーキングやマタニティービクスなど)で、便秘を解消できる場合が多いですが、これで解消されないような頑固な便秘や何日も出ていない場合は、我慢せず産婦人科で相談したほうがいいでしょう。(酷い時は、次の検診まで待たずにすぐに行きましょう。便秘気味だな…という時点で検診があればその時に相談しておくといいでしょう。)
妊娠中に強い下剤や浣腸を使って、下痢をしたりすると子宮の収縮を招く恐れがありますので、自己判断で勝手に市販の便秘薬などを飲まず、産婦人科で妊娠中でも安心な便秘薬や漢方薬を処方してもらいましょう。
便秘のまま我慢していると、下腹痛で辛かったり、脱肛やになりやすくなります。
産後も便秘になりやすいので、妊娠中から、お腹の赤ちゃんに心配のない便秘薬をいただいておけば、授乳中も飲めて安心ですよ。

ページの先頭へ