妊婦の靴選び

妊婦の靴は「ぺたんこ靴」もしくは「3cmまでのヒール」というのをよく聞きます。「えー?今まで履いていた靴じゃダメなの?」「私は転ばないからヒールでも平気だよ。」と思われる方もいると思います。最近は、ぺたんこ靴ブームなのでカワイイ靴が多いのでいいですが、ブームじゃない時は靴選びも大変でした。なぜ妊婦には、かかとの高いヒールはダメと言われてしまうのでしょうか?その理由と妊婦の靴選びについてアドバイスします。

やはり転倒防止には安定感のある靴を

妊娠中は、つまづいたりバランスを崩して転んでは大変・・ということで、ローヒールの靴をと言われています。これは、お腹が大きくなってからはもちろんですが、まだ安定期ではない初期にも万が一転んで…ということを考えると安全のためには妊娠がわかったら、ヒールの低い靴を用意しましょう。
妊娠中はもちろんですが、赤ちゃんが生まれてからも抱いて歩いて転んでは大変なので、産後も安定感のある履きやすい靴をおすすめします。

腰痛の予防という観点からも「ヒールは3cm以内」

妊娠中以外でも、腰痛の人はハイヒールは避けたほうが良いと言われています。
ハイヒールはかかとが高くなるため、姿勢が前のめりに傾きます。
姿勢が前のめりになると身体が自然に垂直に姿勢を正そうとして背骨や腰椎が反る形になり椎間板等に負担がかかり腰痛の原因になります。
妊婦の腰痛でも説明しましたが、妊娠中お腹が大きくなると姿勢が前のめりになります。
この状態でさらにヒールが高い靴を履くと…腰にかかる負担は言うまでもありませんね。
腰痛の人に、腰に負担のかからないヒールの高さは3cm以内までと言われています。
妊娠出産本などに「ヒールは3cm以内」と書かれているのは、安定感などの観点からだけではなく、腰への負担からもなのでしょう。

足の疲れ、膝の痛みなどを和らげるインソール

妊娠中、お腹が大きくなり体重が増えるにつれ、足への負担も大きくなります。
膝・足首・土踏まずなどに負担がかかるので、痛みや足の疲れを感じるようになります。
そんなときには、市販の土踏まずアーチをサポートする靴の中敷き、や妊婦用インソールといったものが足の負担をやわらげるのに効果的です。
ぺたんこ靴や3cmくらいまでのヒール、運動靴などの中敷きに使ってみましょう。
また、足の疲れにはマッサージがおすすめです。マタニティーヨガで足裏のもみほぐし方を教えてくれたりします。
臨月近くなると足まで手を伸ばすのも大変になりますので、パパにマッサージをお願いしちゃいましょう。

こむらがえり(足つり)・足のむくみにも歩きやすい靴選びを

妊娠後期になると、就寝中に足がつったり、足がむくんで靴が入らないなんて事がよくあります。足のむくみは、以前は妊娠高血圧症候群の傾向として心配されましたが、最近ではお腹の重みで足に負担がかかることや胎内の水分バランスの調整で生理現象だと考えられるようになってきました。
足のつり(こむらがえり)は、カルシウムとカリウムのバランスが崩れることが原因などと色々言われますが、足のつりにも、足のむくみも、足が疲れないことも大切です。
かといって歩かずにいて運動不足なのも、足のつりやむくみの原因にもなりますし、健康や出産に備えての体力維持にもよくありません。
歩きやすく疲れにくい靴を選び、立ちっぱなしや歩きっぱなしを避け、適度に休みながら歩くようにしましょう。

ストラップやファスナーなど、履きにくい靴は大変です

お腹が大きくなると足先まで手を伸ばすのが大変になります。
足首をストラップで留めるタイプのサンダルや、ファスナーを上げ下げして脱ぎ履きする靴、紐をいちいち結ぶ靴などは、お腹が大きくなると脱ぎ履きにフウフウ言うほど大変になります。
スポッと脱ぎ履きできる靴がおすすめです。(脱げやすいものはNG)
赤ちゃんが生まれてからも、抱きながら靴を脱ぎ履きすることが多くなるので、足元を見たり金具を留めたりしなくても、脱ぎ履きできる靴は重宝しますよ。

ページの先頭へ