妊娠中のニキビ・吹き出物

妊娠初期や妊娠期間中全般にわたって、顔や身体のニキビ(吹き出物)に悩まされる妊婦さんが少なくはありません。妊娠中はホルモンの影響や、肌が敏感になったりすることから、ニキビや肌荒れになりやすくなります。

妊娠初期のひどいニキビ(吹き出物)

初期に、「顔一面に吹き出物ができた」「触ると痛い大きな赤ニキビができた」など、元々ニキビができやすかったという人、また今までニキビにあまり悩まされなかったタイプの人でも、ひどいニキビに悩まされたという経験談を良く聞きます。
これは、妊娠したことによるホルモンの変化や、肌が敏感になることで吹き出物ができやすくなると言われています。また、つわりによる嗜好の変化などで甘いものを食べ過ぎてしまったりでもニキビができてしまうということがあります。
この場合は、妊娠後期〜出産後までには治る場合が大半です。ステロイドを含む塗り薬の使用やビタミン剤の内服も控えたほうがよいとして、皮膚科を受診しても薬を処方されないということも良くあるようです。洗顔をしっかりする、敏感肌用のスキンケアに変える、ファンデーションの使用を控える、夜更かしや甘いもの、ジャンクフードの食べすぎを控えるなど、一般的に中学生高校生のニキビの時に気をつけることを試してみましょう。ニキビ肌用の化粧品・スキンケアは、妊娠中のニキビは思春期のニキビと違って皮脂の多さが原因ではないので、大人ニキビ用のものにしたり、化粧水や美容液で水分補給するようにしましょう。

妊娠で便秘がちになることでの肌荒れや吹き出物

妊娠中のニキビ(吹き出物)の原因の一つとして、便秘によるものもあります。
妊娠中の便秘でも説明しましたが、妊娠中はホルモンの影響やお腹の重みが原因で便秘になりやすくなります。
便秘をすると、便が出ないことでのストレスや、体内に溜まった毒素を肌からも排出しようとするためにニキビができやすくなると言われています。
妊娠中の便秘食物繊維のページで、便秘解消方法や便秘解消効果がある食べ物を紹介していますので、そちらを参考にしてください。

妊娠中の背中のニキビ

ニキビは、顔だけじゃなく背中や胸などもできやすい場所です。
そのため背中や胸にもニキビがたくさんできたり、赤く大きく腫れて触れると痛いようなニキビができてしまうことがあります。
夏場、胸や背中の開いた服だと見えて恥ずかしかったり、出来ちゃった婚などで妊娠初期に挙式を挙げる方はドレスから見えるということで困ることも。
妊娠中ということで、皮膚科などに相談してもエステや塗り薬は避けたほうが良いと言われる場合が多く、石鹸などでよく洗うなどスキンケアに気を配って時間をかけて治すしかないようです。
また、妊娠後期に背中ニキビができてしまった場合は、お腹が大きくなってシャンプーがしにくくなり、背中にシャンプーの流し残りがあることが原因になったりします。

背中ニキビにヨーグルトパック!

背中のニキビには、ヨーグルトパックがおすすめです。
お風呂などで温まって身体を洗った後、毛穴が開いたところに、プレーンヨーグルトを塗り、ラップをして5分くらい置いて流します。
(背中が届かなくて塗りにくい場合には、一度お風呂から出て、ラップの上にヨーグルトを塗り、その上に寝転んで背中に湿布させるといいでしょう。)
顔のニキビに悩まされているなら、顔にも洗顔後にパックしてみるといいですね。
ヨーグルトがトロトロ過ぎて塗りにくい場合は、小麦粉を入れて好みの固さ(クリーム状)にしてみてください。
この方法で作る場合は1回使いきりの量で、作りおきしないこと。
また、妊娠中は普段よりも肌が敏感になっているので肌に合わないなと感じたらすぐに中止しましょう。

ヨーグルトは塗るだけじゃなく、もちろん食べても、ニキビ治療に効果的なビタミンB群やカルシウム、カリウムなどがバランスよく含まれているので効果的です。

吹き出物?じんましん?妊婦湿疹?PUPPP??

後期に、ポツポツと、しかも激しく痒い、妊娠線の周りにできている、じんましんかな?というような湿疹がでることがあります。
これは、妊婦湿疹やPUPPP(pruritic urticarial papules and plaques of pregnancy)と呼ばれているものです。とにかくかゆいのが特徴で、じんましんの痒みや発疹に似ています。
経産婦よりも初産の妊婦さんのほうがなりやすく、出産後には治ります。
お腹周りにできるのが多く、妊娠線ができている場合はその周りにできることが多いようです。
掻くと範囲が広がるので掻き過ぎないように気をつけ、痒くてたまらないようなら皮膚科を受診しましょう。

ページの先頭へ