妊婦の腰痛

妊娠すると多くの妊婦さんが腰痛に悩まされます。胎児が大きくなるにつれて、お腹の重みで腰に負担がかかるので、しょうがないことなのです。お腹に重みがかかる妊娠後期の腰痛だけじゃなく、まだお腹も目立たない妊娠初期にも腰痛に悩まされる妊婦さんもいます。どうやら妊娠中の腰の痛みは、お腹の重みだけが原因ではなさそうです。

妊娠するとなぜ腰が痛くなるの

体重増加やお腹のふくらみ

妊娠中の体重増加により腰への負担が増えます。また、お腹が出てくることで身体のバランスは前方に重みがかかり、前に倒れそうになる・つんのめりそうになる姿勢を身体は自然にバランスをとって守ろうとするため背骨がくの字に湾曲します。このため、椎間板などに負担がかかって神経を圧迫し腰痛を引き起こします。


ホルモンの影響

妊娠すると出産時に赤ちゃんが骨盤を通るのに備えて、骨盤周りを支える靭帯を緩めるホルモンが分泌されます。靭帯がゆるむことで骨盤周りを支える筋肉のバランスが崩れ腰痛が起こりやすくなります。この骨盤周りの靭帯をゆるくさせるホルモンは、妊娠初期から分泌されるため、まだお腹の重みや体重増加も少ない妊娠初期の妊婦さんでも腰痛が起こる原因と言われています。

ほとんどの人が経験する妊娠中の腰痛

妊娠中の腰痛は、人によって「腰がだるい程度」「背中や腰が張る感じがする」くらいの軽いものから、「痛くて夜も眠れない」などといった重いものまで様々ですが、妊婦さんの7〜8割が経験しているといわれています。妊娠前から腰痛があった人、猫背や骨盤がゆがんでいる人、妊娠中の体重増加が激しかった人などは、腰痛になりやすいようです。

腰の痛みをやわらげる鎮痛剤の使用は医師や薬剤師に相談を!

妊娠中には飲んではいけない薬が多いことは皆さんもご存知だと思います。
腰や肩の痛みに良く使われる塗り薬や湿布薬に含まれるインドメタシンもその一つ。
「え?飲むんじゃなくて皮膚に塗るのに?」と思われると思いますが、皮膚からでも微量ですが体内に吸収されます。そのため妊娠中の使用に安全性が確立されていないために使用を控えることもあります。
量や部位、妊娠初期などで使用できる場合もありますのが、いずれにしろ市販の塗り薬や湿布は勝手に使用せず、医師や薬剤師に相談しましょう。

腰痛の予防や悪化の予防に取り組もう!

腰痛の予防やこれ以上悪化させないためには、姿勢を正しくすることや腰周りのストレッチや筋肉を鍛えることが大切です。
猫背で姿勢が悪い、座っている時に足を組むなど骨盤がゆがむといわれる姿勢をついとってしまうという方は、まずは姿勢を正しく過ごすように心がけましょう。
腰周りのストレッチや筋肉を鍛えるには、妊婦体操マタニティーヨガマタニティービクスがおすすめです。
妊婦体操やマタニティーヨガで行われる「猫のポーズ」が腰痛の予防や痛みをやわらげるのに効果的です。(「猫のポーズ」のやり方は、マタニティーヨガのページをご覧ください。)

楽な睡眠姿勢で腰痛を乗り切ろう!

腰痛で寝るときも痛くて大変…という場合は、腰痛を和らげる楽な姿勢で眠るようにしましょう。
ぐっすり良く眠って身体を休めることは腰痛の治療にとても大切なことです。
腰痛の時に、腰に負担がかからず楽に眠れる姿勢として、横向きや足を高くして眠る方法があります。
丸めたバスタオルやクッションを太ももの間に挟んで横向きに寝たり、あお向け寝の場合は、膝の下にクッションや丸めたバスタオルを置いて足を高くして眠ると楽です。

ほとんどの場合、腰痛は出産後に治ります

妊娠中に悩まされる辛い腰痛ですが、ほとんどの場合、産後1ヶ月までには自然に治ります。
赤ちゃんが生まれるまでの我慢我慢…と、上記にあげた運動や姿勢で腰痛を悪化させないようにしながら過ごしましょう。
痛みで辛い場合は、骨盤ベルトなど腰痛のケア方法を医師に相談してみましょう。

ページの先頭へ