妊娠中の痔

「トイレの後、なんだかお尻が痛い。えっ…痔!?」 妊娠中や出産後、痔になる女性はとても多いのです。恥ずかしくて誰にも言えず、我慢している人も大丈夫。先輩ママや妊婦仲間に聞いてみて!「あ、私も!」って方が、実はゴロゴロ(!?)。もしかしたら痔かも…という方も、まだ痔は大丈夫と言う方も予防のために、妊娠中と出産後の痔について知っておきましょう。

赤ちゃんのための葉酸サプリの選び方

妊娠中・出産後に痔になりやすいのはなぜ?

妊娠中の痔に多いのはイボ痔と切れ痔の2つ。子宮の重みで肛門周りの血流が悪くなり、血管がコブのようになってしまったのがイボ痔、妊娠中になりやすい便秘で、便が硬く出にくくなり、肛門が切れて出血してしまうのが切れ痔です。また、もともと痔を持っていたのに気づかず、妊娠・出産によってお腹の重みや、出産時のいきみで痔が出てきたという場合もあります。出産後の痔は、出産時のいきみでもともとあった痔がでてきてしまったり、出産の傷の痛みで便を出す時にいきみににくくて便秘になる、母乳を与えることで水分不足になり便秘になることなどから、痔になりやすくなります。

痔になったら、痔の予防には、どうしたらよいの?

便秘を防ぐ

便秘は、痔の原因や痔を悪化させます。
硬い便が肛門を通過したり、便を出そうとした時に痔が痛くて肛門に力を入れられないと、ますます便秘になってしまい悪循環です。
食生活や運動不足などを見直し便秘にならないように気をつけましょう。
(→くわしくは便秘のページで)

温めて血行をよくしよう

痔は、肛門周りの血流が悪いことでなりやすくなります。
お風呂やシャワーなどで、お尻周りを温めると痔の予防や痔の痛みを和らげます。
また、長時間同じ姿勢を続けるのも血行を悪くしますので適度に身体を動かすのも大切です。
冬場、トイレが寒い場合、寒さで肛門の筋肉が緊張して便も出にくくなりますので、トイレ暖房機などでトイレの中を温かくしておくのも便秘の予防=痔の予防におすすめです。

痔になったら、清潔にしておこう

痔になってしまっら、痔を悪化させないために肛門を清潔にしておくのが大切です。
毎日お風呂やシャワーなどで清潔にするのはもちろん、排便の都度、清潔にしておきましょう。
一番良いのがウォシュレット(おしり洗浄器)です。
しかしウォシュレットは、最近のものはノズル自動洗浄機能などがありノズルが清潔な場合が多いですが、旧式のものはノズルが清潔に掃除されているものじゃないと雑菌が繁殖しておよそ清潔とは言いがたい状態ですので、家のおしり洗浄器はノズルの掃除もこまめにしておきましょう。
外出先の場合は、ノズルがキレイかどうか確かめてからにしましょう。
(ノズル洗浄ボタンを押すとノズルが出てきますので拭いてきれいにしてから使うと良いでしょう。)
おしり洗浄器を使う場合は、水流を強くしすぎないようにしましょう。
清潔にするためにトイレットペーパーで念入りに拭くのは痛みも刺激もあります。トイレットペーパーで拭く場合は優しく拭きましょう。
家におしり洗浄器がない場合は、携帯用のおしり洗浄器を利用したり、清浄綿や、赤ちゃんのおしりふきで優しくふき取るようにしましょう。
清浄綿は出産後、悪露がなくなるまでや出産時の傷を清潔に保つためにトイレで使いますし、おしりふきも、赤ちゃんが生まれたら毎日使うものですので早めに用意して使うのも便利です。お腹が大きいとお尻を拭くのも大変なので、痔になってもならなくても、トイレにベビー用のウェットティッシュタイプのお尻拭きを置いておくと便利ですよ。

痔の薬や病院って肛門科?どうしたらいいの?

痔の治療で、一番確実なのは肛門科での手術ですが、妊娠中の痔は、よほどひどくないかぎりは手術はせず塗り薬や座薬で治し、必要に応じて出産後に肛門科で手術をするというのが多いです。妊娠出産での痔になる方は多いので産婦人科でも薬を用意しています。痔の塗り薬や座薬には、ステロイドや鎮痛成分が含まれている場合が多く、妊娠初期には胎児への影響を考えて使用を避けます。産婦人科や薬局の薬剤師に相談して処方されたものを使うのが一番です。痔って恥ずかしい感じがするかもしれませんが、本当に多くの妊婦さんが経験して悩むことなので全然大丈夫!検診の時に、遠慮せずに相談して薬を処方してもらいましょう。また、産後に悪化する人も多く、赤ちゃん連れで肛門科に通う人も多いです。赤ちゃんがいると、なかなか自分の事は後回しにしてしまいがちになりますが、お尻の痛みって辛くて嫌なものですし、たかが痔とあなどっていると、酷くなった時にそれこそ赤ちゃんを預けて何日も入院して手術なんて大変なことになってしまいますよ。

ページの先頭へ