妊娠中のリラックス

妊娠中は、ゆったりとリラックスした気持ちでいることも、お腹の赤ちゃんのために大切なことです。
妊娠中はホルモンのバランスでイライラしたり不安な気持ちになることもあります。
また、妊娠中の過度のストレスは流早産を引き起こしてしまうこともあります。
ストレスを避けたり、ストレスを解消する方法、リラックスできることを見つけて、日々の疲れやイライラ、不安などを和らげ、ゆったりとした気持ちで過ごしたいものです。お腹の赤ちゃんとママは、まさに一心同体。ママのイライラや不安は、お腹の赤ちゃんも感じてしまうかもしれません。ママがゆったりとした気持ちでいると、お腹の赤ちゃんも、ママのお腹は居心地が良く、リラックスしたり、ママの愛情が伝わることでしょう。

安産灸

安産灸は、その名の通り、安産に効果的なお灸のことです。
東洋医学やツボの中にも、妊娠・出産や安産に効果的だったり治療として行われる施術がたくさんあります。
ここ近年、女性の鍼灸師さんや、女性の身体の不調やお産に関する鍼灸にとり組む鍼灸師さんが増えてきました。
安産や、逆子、産後の肥立ちや母乳の出によいとされている安産灸について、ご紹介します。

安産灸

ソフロロジー(ソフロロジー式分娩法)

最近、ソフロロジー式分娩法を取り入れているとアピールしている産婦人科が増えています。
ソフロロジーとは一体何なのでしょうか?
ソフロロジーは、ママのママ…プレおばあちゃん世代の時のお産で流行した、ヒッヒッフーと呼吸をするラマーズ法を超える分娩法とも言われています。
ソフロロジーではどのようなことをするのか、ソフロロジー式分娩法を行っている産院を選ぶには・・など、話題のソフロロジーについて解説します。

ソフロロジー

娠中のアロマテラピー

「妊娠中は、なるべくリラックスしたほうが良いのなら、アロマテラピーなんて、すごくいいのではないだろうか?」妊娠前からアロマテラピーを行っていたり、アロマに興味がある方なら、きっとそう思われるのではないでしょうか?
確かにアロマテラピーは、妊娠中のリラックスや、身体や気持ちの不調に効果があるものもあります。
しかし、アロマオイル(エッセンシャルオイル)の注意書きを良く見てみると、「妊娠中は使用を避けてください。」とか、「妊娠初期には使用しないこと。」などと書かれていたりします。
妊娠中に使用を避けたほうが良いハーブやエッセンシャルオイルの種類や、妊娠中におすすめのアロマテラピー方法をご紹介します。

アロマテラピー

妊娠中のハーブティー

妊娠中のカフェインでも、ご紹介しましたがハーブティーはノンカフェインなので妊娠中の飲み物(ホットドリンク)にも、おすすめです。
しかし、アロマテラピーで妊娠中には私用しないほうが良いハーブと同様に、ハーブティーのハーブの中にも、妊娠中には避けたほうが良いものがあります。
妊娠中には避けたほうが良いハーブの種類や、妊娠中のリラックスや妊婦の身体や妊婦の栄養に優れたハーブ、出産後も母乳の出をよくしたりでおすすめなハーブをご紹介します。

ハーブティー

ページの先頭へ