アロマテラピー

妊娠中のリラックスの一つとしてや、妊娠前からアロマテラピーをしていた方なら、妊娠中もアロマテラピーを楽しみたいですよね。でも、ちょっと待って、妊娠中には使ってはいけないエッセンシャルオイルがあるのをご存知でしたか?使ってはいけないオイルや、妊娠中におすすめなオイルや妊娠中におすすめなアロマセラピーを知って、安全にアロマを楽しみましょう♪

妊婦とアロマテラピー

アロマテラピーには、香りで癒されたり自然治癒力を高めたりする効果があるほか、マッサージを行うことで身体にも良い効果があります。
ゆったりとリラックスこそがお腹の赤ちゃんに一番なんですから、妊娠中もアロマの香りで癒されたいですよね。
また、妊娠線の予防や腰痛、足のむくみに、アロマでマッサージ等を行うのも良いそうです。

しかし、香りを楽しむ場合は、妊娠初期の場合、つわりで匂いに敏感になりアロマでますます気分が悪くなることもあるので、何の匂いでも気分が悪くなるような悪阻(つわり)の時にはアロマテラピーでの芳香浴などは避けたほうがいいでしょう。

また、気をつけたいのが、妊娠中には使ってはいけないアロマオイル(精油)があるということ。
アロマオイルの中には、生理不順に効果があったりするものがあり、それらのオイルの場合、妊娠中にマッサージや足湯・お風呂などで使用して肌から吸収すると、お産を早めてしまう心配があるため、念のため妊娠中は使用しないようにとなっています。

妊娠中にはNGなアロマオイル(エッセンシャルオイル)

ペパーミント、ジュニパー、セージ、マージョラム、サイプレス、バジル、パセリ、レモングラス、ジャスミン、ローズ、ローズマリー、レモンユーカリ、シダーウッド、ラベンダー など

詳しくは、エッセンシャルオイルの箱やビンに書かれている注意書きやアロマオイルのお店で確認しましょう。

アロマオイルの場合、1%未満に薄めて使うので妊娠中の影響もそんなに心配するほどではないとか、一応使わないように指示しているが実際に問題が起きたということはないと言われています。
なので、もし、「知らずに既に使っちゃった!」という場合も、心配することはないでしょう。

安全にアロマテラピーを楽しみたいなら…

「妊娠中には使ってはいけないアロマオイルがあるとか、どんな効果があるとか良くわからないからエッセンシャルオイル選びも迷っちゃう。」という人は、アロマサロンやアロマテラピースクールで1〜2回の気軽なコースで妊娠中向けのアロマテラピー教室を開催しているところも多いので受講してみるのもおすすめです。
ママと赤ちゃんのふれあいや赤ちゃんのリラックスにいいと話題のベビーマッサージも一緒に教えてくれるところもあったりしますよ。
また、産婦人科で積極的にアロマテラピーを取り入れているところも増えています。
アロマ大好きという方や、興味のある方は、アロマテラピーを取り入れている産婦人科や助産院、ベビー&マタニティー向けのアロマテラピー講座などを探してみるといいでしょう。

妊娠中におすすめなエッセンシャルオイル&アロマテラピー

オレンジ、グレープフルーツ、レモン などの柑橘系

初心者にもおすすめな香りで気分をリフレッシュさせます。
アロマポットで香りを楽しみましょう。
いくつか混ぜて好みの香りを作るのもおすすめです。
オレンジに、不安や緊張をほぐすベルガモットやラベンダーを混ぜるといいですよ。

アロマの足湯でむくみ解消

妊娠中はお腹の重みで足がむくみやすくなります。
そんな時は、洗面器にお湯を入れカモミールやラベンダー、グレープフルーツなどの、むくみや利尿作用のあるオイルを2〜3滴たらし、30分くらい足湯をします。
妊娠後期に入ってからなら、ジュニパーを使ってもOKです。

妊娠線の予防や背中の痛みなどにアロママッサージ

妊娠線の予防や、妊娠中のつらーい背中や腰の痛み、足の疲れには、アロママッサージがおすすめです。
グレープシードやアーモンドオイル、ホホバオイルなどのオイルを用意し、オイル30ml(大さじ1杯)につき、好みのオイルを5〜6滴たらして、マッサージオイルを作ります。
1度作ったオイルは作りおきせず、都度使い切るようにしましょう。
マッサージのしかたは、手にマッサージオイルを取り、両手のひらをこすり合わせて手を温めます。
手が温かくなったら、ふくらはぎや肩など辛いところに、オイルのついた手でマッサージします。(オイルはたっぷり目のほうがマッサージしやすいです。)
背中や腰など、届きにくい部分はパパにマッサージお願いし、ついでに押したり叩いたりなどして辛い部分をほぐしてもらいましょう。

マッサージオイルは肌を保湿する効果があるので、太ももやヒップなどにも塗ってマッサージしておくとの妊娠線の予防にもなります。
(お腹の妊娠線へは、お腹のマッサージは切迫早産の方は避けたほうがいいので、さっとなじませる程度にしておきましょう。)

ページの先頭へ