ハーブティー

妊娠中は、コーヒーや紅茶などのカフェインが含まれている飲み物は、なるべく摂らないようにしたり、飲んでも一日1〜2杯程度に収めておくほうが良いと言われています。コーヒーや紅茶が大好きで一日に何杯も飲んでいた人や、肌寒い季節で温かい飲み物が恋しい時なら、我慢しなきゃならないのはストレスになっちゃいますよね。コーヒーや紅茶の代わりに、ホッとリラックスできる飲み物で、ノンカフェイン・・・そう、ハーブティーなら大丈夫!妊娠中におすすめなハーブティーや、妊娠中は避けたほうがいいハーブなど、妊娠中のハーブティーの楽しみ方を伝授しましょう。

妊娠中はNGのハーブティー

上記で説明したとおりハーブは薬効効果がありますので、妊娠中には飲んではいけないハーブティーもあります。
女性ホルモンに作用してお産を促す可能性がるものや、お腹をゆるくする作用のあるハーブは妊娠中には避けたほうが安心でしょう。

アロマやハーブを取り扱うお店では、念のため妊娠初期はハーブティー全般の飲用を控えたほうがいいとしているところもあります。
妊娠初期は、匂いや味に過敏になっていることもありハーブティーをおいしく感じられないことも多いので、ハーブティーは安定期に入ってからのほうが良いかもしれませんね。

妊娠中は飲んではいけないハーブティー

セージ、ローズマリー、セントジョーンズワート、ジャスミン、バレリアン、マテ、アンジェリカ、フィーバーフュー、ジュニパー、アロエ など

…と挙げればきりがないほどだったり、知らない名前のハーブも多いですね。
たくさん挙げても覚えられないと思いますので、購入時にはパッケージの裏の注意書きを確認したり、ハーブやアロマ専門店の場合は店員さんに確認しましょう。

また、「えっ?ジャスミンティー飲んじゃった!」という方もいるのでは?
一応、妊娠中には飲んではいけない、多量にとりすぎないなどと挙げられているハーブですが、実際にハーブティーを飲んで体調をひどく崩して妊娠に悪影響を及ぼしたという事例は今のところないようです。
ただし、妊娠中には避けたほうが良いハーブティーを、濃く入れて薬効成分が多く抽出されている状態で一日中何杯も飲んだりしている場合には安全性は保障できないということです。

妊娠中は、スーパーなどどこでも手に入るような名の知れたハーブのハーブティーを、薄めに、1種類ばかり何杯も飲んだりしないようにしましょう。

妊娠中におすすめなハーブティー

  • ラズベリーリーフ・・・子宮や子宮の筋肉に良いハーブで、安産によいと近年妊婦さんに人気のハーブです。産後も母乳の出を良くします。
  • ダンデライオンルート(たんぽぽの根・たんぽぽコーヒー)・・・むくみの解消に。産後は母乳の出を良くします。
  • ローズヒップ・・・ビタミンCが豊富に含まれています。
  • ネトル・・・鉄分、ミネラル、カルシウムが含まれています。
  • ホーステール・・・ミネラル豊富なので、ママと赤ちゃんの栄養のために。
  • カモミール・・・足のむくみが気になる時や、リラックスに。
  • オレンジピール・・・不安な気持ちの時、リラックスに。

ハーブティーの入れ方

<分量>(1人分)

  • ドライハーブの場合・・・ティースプーン1杯
  • 摘みたての生ハーブ・・・大さじ1杯分くらい
  • 好みで、砂糖やハチミツ、オリゴ糖シロップなどの甘み

ハーブは、1種類でも何種類かブレンドするのもいいですよ♪

<ハーブティーのいれ方>

ガラスや陶器のポットに、ハーブを入れ、沸騰したお湯を注ぎます。
抽出時間は、ドライハーブで3分、生ハーブで5分程度。

薬効成分も濃く出すぎてしまうため、麦茶のようにヤカンなどでグラグラ煮出して濃くして飲んではいけません。(金属製のヤカンや鍋はハーブの風味を損なうのでNG)
妊娠中は、薄めのハーブティーにしておくことをおすすめします。

ページの先頭へ