妊婦と尿もれ

妊婦と尿もれ

「ハックシュン!……えっ?尿もれ?!」妊婦さんや、出産後のママの3~4人に一人が、こんな尿もれを経験しています。「漏らすなんて・・恥ずかしい。」と最初はビックリするかもしれませんが、大丈夫。
妊娠中や出産後の尿もれとその対処方法をご紹介しましょう。

スポンサードリンク

妊娠中の尿もれはどうして起こるの?

妊娠すると黄体ホルモンの影響で、出産に備え子宮口や膀胱の筋肉が柔らかくなります。
さらに、胎児の成長とともにお腹が大きくなってくるとお腹の重みで膀胱を圧迫して押しつぶされるため、トイレが近くなったり、ちょっとお腹に力が加わっただけで尿が出てしまいます。


妊娠後期になりお腹がかなり目立ってくる頃の妊婦さんの多くが、クシャミや咳をした時、大笑いをした時などに尿もれを経験しています。風邪をひいてクシャミや咳が出る度に花粉症の時期に、妊娠後期にはお腹の中の赤ちゃんの頭が、ちょうど膀胱の上にあります。


いやーな尿もれも、赤ちゃんの頭がこの上にあるからか・・と思うと、なんだか許せちゃいますよね。
また、胎動で赤ちゃんが動き回ったときに膀胱を蹴られた(押された?)感じがして、尿意や尿もれをするなんて経験をする妊婦さんもいます。


そんな時も、赤ちゃんが元気な証拠!と笑い飛ばしちゃいましょう。

破水!?尿もれ!?どっち??

妊娠後期になると起こりやすくなる尿もれ。
初めて経験した時は、まさか尿とは思わず、また出産予定日が近かったりすると破水か、尿もれか、どっちだろう?と戸惑う人も。
破水と尿もれの違いを見分けるなら、匂いと色。


尿もれの場合は、色も黄色く尿独特のアンモニア臭がするはずです。
破水の場合は、無色で無臭~生臭い匂いがします。
また、破水の場合には無意識のうちにタラタラと温かいものがすそに流れる感じがします。
(尿もれの場合は、止めようと意識したら尿が出るのを止められますし、出るときに尿道口におしっこが出る感覚があるはずです。)

スポンサードリンク

気になる尿もれと、どう付き合うか

尿もれを防ぐには、こまめにトイレに行き膀胱にいっぱい尿を貯めておかないようにすると安心です。
一度癖がつくと漏れやすくなってしまうので、漏れる前にトイレに行くようにしましょう。
外出先でもトイレの場所を確認しておくと安心です。


漏れてしまったら、下着を換えて清潔にし、お風呂やシャワーにも毎日入りましょう。
最近では尿もれ用のパットも薄くて良いものが販売されています。
この時期は「おりもの」も多くなりますので、おりものと尿もれの両方に対応したものがおすすめです。


お店で買うのが恥ずかしいから…と、生理用のナプキンで代用する方もいますが、生理用のナプキンでは吸収量も少なく、座った際などの逆戻り(染み出してくる)、匂いを防ぐことができません。(尿は時間がたつとアンモニア臭が強くなります)
尿もれパットを買ってくるまでのとりあえずの間や家にいる時などに代用する程度ならいいですが、外出の際などには、尿もれパットのほうが良いでしょう。


風邪をひいてクシャミや咳がとまらないなどといった時や、安心して過ごしたいなら、尿もれをするようになったら尿もれパットを使ったほうが、漏れた時も下着やボトムを汚さず、取り替えるだけで手軽に清潔を保てるのでおすすめです。
妊娠中の女性や、50代以降の多くの女性が尿もれを経験していますので、近年では生理用品売り場に生理用品に並んで様々な尿もれパットが並び気軽に買いやすくなっています。


また、尿もれは骨盤底の筋肉を鍛えることで予防や改善ができます。
妊婦体操や、マタニティービクスで尿もれを防ぐ骨盤底筋の体操やエクササイズを行っていたりしますので、妊婦体操やマタニティービクスに参加していた妊婦さんや産婦さんは尿もれをしなかったという人も多いそうです。

産後のほうが多い?尿もれ

妊娠中の尿もれの多くの場合は、出産後、身体が回復するにつれて自然に回復します。
出産後1ヶ月は、無理をせずに養生するようにし、重いものを持ったりしないようにしましょう。


また、産後すぐにボディーラインを産前のように戻そうときついガードルやウエストニッパーなどを着用すると、お産で緩んでいた骨盤を変形させて固定してしまい、産後のひどい尿もれや腰痛の原因となることもあるそうなので避けましょう。
(産後のボディラインの回復は、通常は授乳や育児・家事をしながらの普段の生活で自然に回復します。妊娠中に体重が増えすぎてしまって産後も気になる場合は、産後2ヶ月後くらいから、腹筋などエクササイズをするようにするとよいでしょう。)


産後の尿もれの予防や改善には、産褥体操など産後のエクササイズがおすすめです。

妊娠中・出産後、頻繁に漏れる、かなりの量が漏れるなど心配な場合は、産婦人科で相談し泌尿器科を紹介してもらうなどしましょう。

スポンサードリンク

MENU