妊婦とおりもの

妊婦とおりもの

おりものは膣の中に雑菌が入り込むのを防ぐ、いわゆる自浄作用によって分泌されています。(涙や鼻水と同じような役割です。)
通常は、透明~クリーム色をしており、量や色には個人差があります。女性ホルモンの影響でも量や色は変わるので、自分のおりものをいつもチェックしておくと、生理(月経)や排卵のサイクル、婦人科の病気など、体調の変化がわかるようになります。

スポンサードリンク

妊娠初期のおりもの

妊娠したかどうかの目安として、おりものの量が増えるというのを聞いたことがあるのではないでしょうか?
妊娠中は黄体ホルモンの影響で、おりものの量は増えますが、妊娠初期はとくに胎児を感染などから守るために、おりものの量が増えます。


妊娠初期は、まだ受精卵が着床したばかりで不安定な状態なので、おりものに血が混ざる、茶色い、ピンク色をしているような場合は、安静にして様子を見、おさまらないようなら産婦人科を受診しましょう。

妊娠中期のおりもの

妊娠中期の妊婦検診で膣分泌物検査という、おりもの検査を行われたりします。
(病院によっては、初期や後期に入ってからのところもあります。)


この検査によって、おりものから膣内のカンジダなどの細菌感染を調べます。
早期発見で分娩までに適切な治療をすることで、出産時の母子感染を防ぎます。

クラミジア(クラミジア感染症)

病原体の一種で、感染しても特に自覚症状は無く、おりものが多くなる程度です。
(パパが感染すると排尿時に痛みがあったりします。)


妊娠中に感染すると、分娩時に産道で赤ちゃんに感染し結膜炎や肺炎になったりするので出産までに必ず検査します。
感染がわかった場合は、飲み薬で治療し1~2週間程度で完治します。
分娩までに完治しなかった場合は、帝王切開でのお産になります。

カンジダ(カンジダ症・カンジダ膣炎)

カンジダという身体の表面に存在するカビの一種が、疲れや体調不良など免疫力が落ちている時などに増えすぎてしまい、強いかゆみなどを引き起こします。おりものは、白くポロポロとカッテージチーズのような状態になります。


妊娠中に感染すると、分娩時に赤ちゃんに感染し、オムツかぶれや口内炎の原因となることがあります。
治療は、膣内を洗浄や、塗り薬・膣剤です。炎症を起こしてかゆみやヒリヒリ感がある間は、入浴時に石鹸などを使って洗うのは避けたほうが良いでしょう。


妊娠中は、カンジダ膣炎になりやすく、多くの多くの妊婦さんが経験しています。
布団に入って温まった時などに激しいかゆみがあったり、ヒリヒリして排尿時にしみたりします。「あれ?」と思ったら、検診前でもすぐに産婦人科に行きましょう。薬で、すぐにかゆみも収まり楽になります。
市販のデリケートゾーン用の軟膏などではカンジダは治りません。


「かゆみがあるので、おりものシートにかぶれたかな?」と、市販の軟膏を塗って2~3日で治らないようなら、カンジダの疑いがありますので産婦人科にかかりましょう。

スポンサードリンク

妊娠後期のおりもの

後期は、お産に備えて子宮口の周りがやわらかくなるため、おりものの量が増えます。カンジダ膣炎などの予防のため、清潔にし、蒸れないように心がけましょう。(おりものシートにマタニティーガードル・ストッキングなどの重ね着で通気性が悪くならないように。)


茶色や血が混ざったようなおりものがあったばあいは、俗に「おしるし」と呼ばれるもので、1両日中~数日中に陣痛が来てお産になりますよ…というサインです。予定日までまだ日があるのに、おりものに血が混ざる場合は安静にし、治まらなければ産婦人科に相談しましょう。(電話で問い合わせてから受診してもいいかもしれません。)

「おりもの」と「おりものシート」

おりものの量が多い時や下着の汚れが気になる場合なのに便利なのが、おりものシートやパンティーライナーと呼ばれる生理用品です。


妊娠中は、おりものの量が増えるので使う人も多いですが、長時間つけっぱなしでいると、かぶれや膣炎になりやすいので、使う場合はトイレの度などこまめに取り替えて清潔に保つようにし、量が少ない時や外出しない日はつけないで綿や絹の下着にするなど、たまには肌を休めたり、むれたりしないように心がけましょう。

スポンサードリンク

MENU