妊娠中の喫煙・禁煙

妊娠中の喫煙・禁煙

「愛煙家だったけど妊娠を期に、おなかの赤ちゃんを思って禁煙!」というプレママ、プレパパは少なくは無いと思います。身体に悪いのは知っていたけど、やめられないのがタバコ。


でも、妊娠となると話は別です。残念ですが、ママはもちろん禁煙。
パパも禁煙もしくは、ベランダ喫煙のホタル族に変身してもらうのが一番。産まれてくるかわいい赤ちゃんのため、タバコが胎児や赤ちゃんに与える影響を再確認し、がんばって禁煙しましょう!

スポンサードリンク

妊娠とタバコの害

タバコの紫煙には、ニコチン、一酸化炭素、シアン化合物などの有害物質が含まれています。
ニコチンは、毛細血管の収縮させ、一酸化炭素は血液中の酸素運搬能力を低下させます。
シアン化合物は毒物で近年産業廃棄物や工場跡地の汚染などで何かと話題です。


ママがタバコを吸っている時は、お腹の赤ちゃんへ栄養や酸素を運ばれる量が急激に少なくなり、胎盤を通して毒物も与えられていることになり、赤ちゃんはとても苦しんでいるのだそうです。実際に喫煙中の妊婦さんの胎内をエコーで見ると胎児が苦しそうに身をよじるようすが見えるのだそうです。


ニコチンや一酸化炭素で、胎児に運ばれる栄養や酸素量が少なくなるので、胎児の発育にも影響し体重が少なく生まれてしまいます。
低体重で産まれてしまうというのはお産が楽で済むと思ったら大間違いです。


生まれてくる子供が小柄で病弱だったり、脳や学力に影響があったりといった心配のほうが大きいのです。低体重以外にも奇形や流早産や分娩時の異常の確率も高まります。

パパのタバコの煙による害

タバコを吸わない人が喫煙している人から流れてくるタバコの煙(副流煙)を吸い込んでしまう(受動喫煙)のは、フィルターを通して吸っている喫煙者(主流煙)よりもはるかに害があるというのは有名な話ですね。


副流煙に含まれる有害物質は主流煙の何十倍とも言われています。
一日2時間以上も副流煙を受動喫煙させられてしまう妊婦から生まれる赤ちゃんが低体重児である確立はタバコの害がない妊婦の2倍以上だそうです。


勤め先やパパが愛煙家の場合は、分煙や禁煙に協力してもらいたいものです。

パパの喫煙は、胎児だけじゃなくママにも、つわりの時に匂いや煙で気分が悪くなったり、自分は吸っていたのに禁煙するようになったママならイライラの元にもなります。


パパにも、ママとお腹の赤ちゃんのために、禁煙もしくは換気扇の下やベランダでの分煙に協力してもらいましょう。

スポンサードリンク

禁煙を継続させるコツ!

口寂しさを紛らわす


タバコを吸いたくなる状況を避ける

つい吸ってしまう状況を避ける

イライラ対策


出産後も禁煙を続けよう!

「出産が済んだら、禁煙も解除だ!」いえいえ、胎児に影響があるというのなら、赤ちゃんや小さな子供にも害があるのは当然のことです。


ニコチンは母乳にも出てきてしまいます。母乳を通してニコチンを摂取してしまった赤ちゃんが突然死(乳幼児突然死症候群)してしまうこともあるのです。


タバコの煙は、喘息など、赤ちゃんの呼吸器系統へ影響を及ぼすこともあります。
また、愛煙家の家庭に多いのが、赤ちゃんがタバコを誤って口に入れてしまうという事故。急性ニコチン中毒になり嘔吐などの症状が出ます。


赤ちゃんの手に届くところにタバコを置かない=禁煙が一番です。

タバコをやめるとママの健康にも美容にもいいことづくめ。


妊娠を期に、タバコからすっかりサヨナラできると空気がおいしく、健康で長生きできる人生が待っていますよ!
赤ちゃんの将来のために、ママは美しく健康でいなくっちゃね!

スポンサードリンク

MENU